自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

ヒトリノセカイ (完結作品)

作:第1回みんなのライトノベルコンテスト作品 / カテゴリ:みんなのライトノベルコンテスト(フリー) / 投稿日:'08年3月4日 00:39
ページ数:26ページ / 表示回数:回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

一日目 誰もがいる、ヒトリノセカイ

彼が意識を取り戻したのは、窓から差し込む朝の光の所為だった。
「……」
 ゆっくりと起き上がり、何かを思い出そうとする。だが、全てが闇に閉ざされたかのように、何もかも掴みきれない。
「……何かを忘れている気がするんだよなぁ……」
 立ち上がり、首を振る。どうにも意識がハッキリとしない。
 長く、長く夢を見ていたかのように、意識が朦朧としている。
「あ、そうか、ビデオを予約していたんだ」
 思い出したはずのその記憶は、遙か遠い過去のような気がした。
 もっと、もっと重要な何かを忘れている気がするが、その正体を全く思い出せない。
「……まあいいや、お、ちゃんと録れてるな」
 深夜番組が録画されているのを確認し、彼は満足げにビデオを止める。
「おっと、そろそろ学校へ行かないとな……」
 時間を確認し、大学へ向かう準備をする。今日は朝イチから講義である。いくら歩いて五分の学生アパートだからといっても、ビデオにいつまでもかまってはいられない。
 手早く準備をすませて、坂の上にある学校へと向かう。
 その大学は、郊外の山の上にあった。周りに何もないというわけではないが、コンビニなどの便利で洒落たものはなく、ただ郊外住宅街があるばかりであり、学生達にとっては、実質、隔離された場所ともいえた。
 もともと、人の多い場所が好きではない彼にとっては、都会の真ん中にあるよりはよっぽど好ましい環境ではあったが、それでもやはり大学は大学である。学生達は集まり、大学内には多くの人間がいる。
「もう少しばかり、減ってくれるといいんだけど……」
 靴を履きながら、不意にそう呟いた。彼の今から受けに行く講義は、一限目であるということを除いては非常に楽な講義であり、ある程度の出席さえあれば試験もなく単位がもらえるというもの。それゆえに人は多く、騒がしいのが彼には少し不満だった。

 授業は相変わらず、彼の予想通りに騒々しい物だった。
 講義はいつものように騒然としており、至る所で学生達おのおのによって、無駄に私語が飛び交っている。
 それはいつものことではあるのだが、憂鬱と苛立ちもまた、いつものこととしてのし掛かってくる。
 だがそのざわつきにも慣れたのか、それともとっくに諦めたのか、教授は気にした風もなく、ただ淡々と授業を進めていく。
 彼は何の感情も持たぬまま、終了の時間までそれを続けていく、それが、この講義なのだ。
 黒板には、読み取られることを破棄されたかのような、乱雑な文字が書き連ねられている。
 周りの人間達は皆、何も理解していない。
 彼らは、自分勝手に蠢いているだけにしかすぎない。
 これが日常だ。これが日常のはずだ。
 慣れたはずの、いつもいつも繰り返した日常。
 だが、心がざわめいている。何かを訴えようとしている。
 何が違うというのか。まったく同じ一日だったはずだ。
 同じように、講義を受け、私語に腹を立て、ゼミの連中達が楽しそうにじゃれ合っているのを見て馬鹿馬鹿しいと思っただけだ。
 なんら、変わるところなど無い。
 満たされないことさえ、日常の中に埋没した退屈な一日。
 それが積み重なって、彼の人生になっているのだ。
 なのに、この、のし掛かる違和感は何なのだ……?

 そして彼は自分の部屋に戻ってくる。
 安楽の場所。
 ここだけが、彼の安らげる場所なのだ。
 ずっとそうだったはずだが、何か、まだ心が落ち着かない。
 だが、今は何をする気も起こらない。
 録画した番組も見ることなく、彼はただぼんやりと寝転がって天井を見ていた。
 何か、大切なことを忘れている気がする。
 部屋が明るすぎる気がする。
 もっと、もっと闇の中に行かなければならないと心が訴える。
 電気を全て消してもまだ、光が怖い。
 なぜ、こんな事になったのか?
 理由があるはずだ。
 だがそれが何か思い出せないまま、彼はいつの間にか眠っていた。

※この小説(ノベル)"ヒトリノセカイ"の著作権は第1回みんなのライトノベルコンテスト作品さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P