自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

ヒトリノセカイ (完結作品)

作:第1回みんなのライトノベルコンテスト作品 / カテゴリ:みんなのライトノベルコンテスト(フリー) / 投稿日:'08年3月4日 00:39
ページ数:26ページ / 表示回数:1962回 / 総合評価:0 / コメント:0件

[広告]

前日 誰もがいる、セカイ

イライラしていた。
 講義はいつものように騒然としており、至る所で学生達おのおのによって、無駄に私語が飛び交っている。
 それはいつものことではあるのだが、憂鬱と苛立ちもまた、いつものこととしてのし掛かってくる。
 だがそのざわつきにも慣れたのか、それともとっくに諦めたのか、教壇に立つ講師も気にした風もなく、ただ淡々と授業を進めていく。
 彼は何の感情も持たぬまま、終了の時間までそれを続けていく、それが、この講義なのだ。
 黒板には、読み取られることを破棄されたかのような、乱雑な文字が書き連ねられている。
 その黒板の文字を、一人、ただただノートへと書き写していく。
 周りの人間達は皆、何も理解していない。
 彼らは、自分勝手に蠢いているだけにしかすぎない。
 彼らにとって世界とは、彼らの中だけで完結しているのだろう。
 誰も自分を理解していないし、理解しようともしていない。
 だがそれは、自分も同じだ。自分もまた、彼らを理解できないし、理解しようとも思わなかった。
 解り合わない互い。
 それなのになぜ、彼らと自分が同じ世界にいるのだろうか?
 みんなみんな、いなくなってしまえばいいのに。
 この世界が、自分一人だけのものだったらいいのに。
 ただ、そう祈った。

※この小説(ノベル)"ヒトリノセカイ"の著作権は第1回みんなのライトノベルコンテスト作品さんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P