自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した小説(ノベル)にコメントがもらえるコミュニティ

小説(ノベル)

Mystery of Mysterious Mystery (完結作品)

作:たっぺい / カテゴリ:ショートショート / 投稿日:'11年2月4日 21:17
ページ数:7ページ / 表示回数:回 / 総合評価:1 / コメント:1件

[広告]

夢……?

 聞こえてくるのは朝を知らせる小鳥の囀り。
 仕事先から帰宅し、着替えたラフな部屋着姿。家賃五万円アパートの部屋、窓際に設置しているベッドの上で賢治は覚醒した。黒ずんだ床一面には読みかけの雑誌やら食べ終えたコンビニ弁当の容器やらが散らかっている。
「……、……夢か……?」
 頭を枕に載せ、天井を見上げながら賢治は一人だけしか居ない部屋で呟く。
 そうだよな、そうだよ。夢に決まっている。あんなとんでも空間が実在してたまるものか。
 夢にしてはよくできていたな、と賢治は自嘲気味に鼻で笑ってみせる。
 ベッドの傍に備え付けていたデジタル時計を見ると、いつもの起床時間より30分ほど早かった。
 仕事の時間まで余裕をもたせて毎日目覚ましをかけている賢治だが、今日は一段と余暇の時間が増えてしまった。もう一眠りしようにも眠気はもうない。
 今日はコーヒーを二杯飲もうかな。
 いつもなら一杯、もしくは飲まないのだが、あまりにも時間に余裕があるため、無理にでも時間を潰そうとする。
 まずは布団から出なければ。室内とはいえ身を震わせるほどの冬の寒さから、無意識に布団から出たくないと身体が反抗する。が、その反抗を賢治はいとも簡単にはねのけ、上半身だけ起き上がる。

 その瞬間、右のポケットに違和感が生じた。
 ジャラッ、と金属同士が触れ合う小さな音がした。

(……なんだ?)
 賢治が右のポケットの中から引きずり出した違和感の正体とは――


                             ~fin~

※この小説(ノベル)"Mystery of Mysterious Mystery"の著作権はたっぺいさんに属します。

この小説(ノベル)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この小説(ノベル)のURLとリンクタグ

この小説(ノベル)のURL:
この小説(ノベル)のリンクタグ:

この小説(ノベル)へのコメント (1件)

ウィティ

'11年2月13日 23:09

この小説(ノベル)を評価しました:おもしろい

この度は「雪見の宴」に作品出品いただき、ありがとうございました。
大変有意義な合評が出来ましたことを、改めて御礼申し上げます。
拙いですが御作にコメント申し上げます。

たっぺいさんといえば、明るく元気な正統派青春ライトノベル。ダークでシリアスな作風というのを拝見するのはちょっと初めてです。非常に興味を持って拝読しました。
小道具の使い方がやや手馴れていない気はしましたが、相変わらずの文のスピード感だとか卒のない場面転換だとかには技術を感じます。合評では少し突っ込んだ話も出ましたが、全体の出来に関してはそれも些細なことであると思います。多くのジャンルに手をつけて何が自分に合い、また合わないならば合わないで、その中のどこが武器になるかを探るのもまた一つの合評の利用方法であると思います(と、私も今回自分の二作目でいろいろ自分の特徴や力量を再確認してみました)。
主人公の見た奇妙な夢。現実にその後なんらかの影響が出てくると、ストーリーでは面白くなるかもしれませんね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P